サイトマップ | ATOM | RSS2.0 | ROR

保険見直し(自動車保険編):お好きなタイトル



スポンサードリンク

自動車保険の賢い選び方

どんな自動車保険を選んだらよいのでしょうか。

自動車保険の完全自由化以降、各損害保険会社から多種多様な商品が
販売されるようになってきました。

ダイレクト系保険会社では、『最大で約30%から 40%も保険料が安くなる』
といったキャッチフレーズを打ち出し、自社の格安な商品を宣伝している一方で、

国内の保険会社も『人身傷害補償保険』を核とした補償充実型商品や、
保険期間を長期にする事で満期忘れが無く、満期時に保険期間中の事故が
所定回数以内なら『満期払戻金』が戻る商品や積立型の
貯蓄商品など、商品の多様化が進んでいます。

自動車保険選びの際にまず考えることは、コスト(保険料の安さ)を重視するか、
内容(補償内容やサービスの充実度)を重視するかを決めることです。


★保険料を安くすることを重視したい方

保険料が安くなる条件は保険会社によってまちまちです。
その中で一番良いのは、ダイレクト系保険会社の『リスク細分型保険』です。

年齢、使用目的、走行距離などの条件のよっては、保険料を安くできる可能性があります。
しかし、中には、ダイレクト系保険会社のリスク細分型保険の方が、
保険料が割高になる場合もあります。

したがって、複数の保険会社の中から、自分の条件で一番保険料が
安くなる保険会社をみつけなければなりません。

しかし、たくさんの保険会社に個別に見積りをとるのは、手間と時間がかかります。
それを解決するのが自動車保険一括見積もり窓口の
「自動車保険一括見積り請求サービス」です。

このサービスを利用すれば、ご希望の見積もり条件を入力すれば、一
番保険料が安くなる保険会社が、手間も時間もかけずに見つかります。


★万一の時の安心を重視したい方

初めて自動車保険に加入される方などは、
自動車保険のパンフレットやお見積りをご覧になっただけでは内容が
わかりづらいことがありますので、補償内容やかけ方などについて気軽に、
対面で相談に乗ってくれる身近な代理店が自分には必要かどうかを
考慮することも大事です。

そして、補償内容についてですが、
『人身傷害補償保険』を付けて、事故の相手方に対する賠償だけでなく
自分自身やご家族に対する補償を準備することが重要なポイントです。

保険料については若干割高になりますが、
自動車事故によりご自身やご家族の方が死亡したり後遺障害または傷害を被った時には、
過失割合にかかわらずご本人の過失分も含めて補償されるため、
万が一の際に支払われる保険金の差は非常に大きなものになります。

最後に事故時のサービスも十分考慮して、保険会社を選択してください。
いつ、どこで起こるかわからないのが交通事故です。

それだけに24時間・365日体制で事故に対応するのは保険業界の常識になっています。
また、事故時等に相談に乗ってくれる身近な代理店が自分には
必要かどうかを十分に考慮すること、
保険会社の財務体質をチェックすること等がポイントになります。

このような観点から自動車保険選びを行う際も、
自動車保険一括見積もり窓口の「自動車保険一括見積りサービス」を利用して、
まずは各損害保険会社の見積りをとり、各社の補償内容、
サービスを比較することから始めてください。
自動車保険一括見積もりのインズウェブ

この記事がお役に立ったら、投票クリックをお願いします。
にほんブログ村 車ブログへ


関連カテゴリー: 自動車保険の賢い選び方TB(154)

(PR)

連続注文FX